寝起きの口臭の原因と対策方法

寝起きの口臭の原因とは?

>>口臭撃退プログラム「ゴッドブレス★ユー」の詳細はコチラ<<

 

朝起きた時に口の中が不快に感じる、口臭が気になったことはありませんか?
しっかりと歯磨きをしているのになぜ?と疑問に感じる方も多いかと思います。

 

これには原因があり、誰にでも起こることなのです。
解消方法もしっかりありますので参考にしてみて下さい。

 

・寝起きの口臭の原因とは?

 

寝ている間は体の機能も休まっています。
つまり唾液の分泌も起きている時に比べて少なくなっているということになりますね。

 

唾液には口の中の細菌の働きを抑える働きがあります。
唾液があることで嫌な匂いを流し清潔にしているのですが、寝ている間はそれが出来ません。

 

そのために口臭が発生してしまうのです。

 

・口臭が発生しやすい人とは?

 

寝る前に歯磨きをしていない人は特に口臭が酷くなります。
食べカスを残したまま寝るということは細菌にエサをあげているのと同じことになります。

 

細菌が活性化するだけでなく虫歯の原因にもなってしまうのです。
また、アルコールは分解するために水分を使います。

 

それにより口臭が酷くなってしまいます。

 

寝起きの口臭の対策方法は?

 

寝起きの口臭は必ずしも起こるもので、完全になくすことは厳しいです。
しかし、寝る前にしっかりと歯磨きをすることである程度マシになります。

 

また、寝起きにはまず歯磨きをすることが大切です。寝起きに細菌が一番活性化していますので、その時にキレイにしておけば口臭もしっかり消えるのです。

 

さらに歯磨き後は水を飲みましょう。
口臭の原因は乾燥にもありますので、水分をあげることで乾燥を抑えることが出来るのです。

 

それでも口臭が気になる・・・

 

このような基本的な口臭予防方法では、とてもじゃないけど改善できていない方もいると思います。

 

そんな方は、下記の自宅ですぐに始められる口臭・体臭改善マニュアルを実践してみてはいかがでしょうか。実際にマニュアルを体験した方は、実践後すぐに口臭できたと感想を寄せています。

 

>>口臭撃退プログラム「ゴッドブレス★ユー」の詳細はコチラ<<

 
Ads by Sitemix