ドライマウスとコンタクトの関係

ドライマウスとコンタクトの関係

コンタクトれんずをつけている人とつけていない人とをくらべた場合、ドライ合いの心配のある人が着用する場合はコンタクトれんず用の目薬を時々さすことを忘れないで下さい。 とりわけ、涙の量が減っていたり部屋が感想しすぎていたりするとこの潤滑液の役目をしてくれるものがなくなりれんずがちょくせつ目にくっつくことになります。 そうなりますとまばたきの度にれんずが引っかかりながらうごかされるようになり結果眼球の表面を傷つけてしまうことになります。 そうしますとその微小な傷跡がドライ合いのはっせいの原因となります。 そういうコンタクトれんずですがどうしても眼鏡は嫌でコンタクトがいいという方も多いでしょうね。 そう言う方にはソフトコンタクトれんずではなくドライ合いに向いているとされるハードコンタクトれんずの着用をお薦めします。 その場合も目医者さんに相談することはお忘れなく。 どちらのコンタクトれんずにせよ、れんずは目にぴったりくっついているという訳ではなく、それで目をいためることもあるので、正常なじょうたいではまばたきをするたびにコンタクトが微妙に動くようになります。 しかし、れんずを外すときにドライ合いの人はむりにはがすことになって、涙を介して眼の表面に浮かんでいるような漢字です。 そのため、ドライ合いになる確率はれんずをつけている方が約10%も高いというデータがあります。 コンタクトれんずをつけている人はつけていない人よりもよけいに部屋の感想とか目の酷使などに気をくばらなければなりません。 コンタクトをつけている人ならお分かりでしょうが、外すときもまず目薬をつけてから外すことをしゅうかんにしましょう。
 
Ads by Sitemix